5/21ロバータ・ガンバリーニがファーラウトで歌います。

皆さんへ

来る5月21日(火)にロバータ・ガンバリーニがファーラウトに来て歌ってくれます。現在予約10名で、50名ぐらいになると思います。

ganba02.jpeg
彼女は前回はジョージ・ケイブルズとやるはずでしたが、ケイブルズが病欠でロジャー・ケラウェイが代わりに来て弾いてくれました。ケラウェイは本当はすごくギャラが高く、ケイブルズの体調不良で急遽ピンチヒターとして入ってくれたので可能になったんですが、そうでないと実現しなかったかもしれないと、あとで裏話を聞かされました。

さて今回はジェブ・パトンJeb Pattonという若手バリバリのピアニストですが、実力派の素晴らしいピアニストが来てくれます。
JP_2.jpeg

5/21日 ファーラウト
7-8pm   9-10pm
Roberta Gambarini(vo)
Jeb Patton(p)
通し11000円、どちらか1セット6000円
前売り券購入または5/13日までの振込にて、それぞれ1000、500円引き。
なおお問い合わせ、予約申し込みはHP予約欄からメイルをくださると確実に来ます。

Roberta Gambarini  ロバータ・ガンバリ―ニ(vo)
イタリアのトリノでジャズ好きの両親の間に生まれ、幼少よりジャズを聴いて育った。12歳頃からクラリネットを始めるが次第に歌に専念していく。ミラノに出てジャズ・クラブ等に出演、国営放送のコンテストで3位になり活動の場を広げる。1998年に奨学金を得て渡米、ボストンのニューイングランド音楽院に留学、すぐ有名なセロニアス・モンク・インターナショナル・ジャズ・コンペティションでテリー・ソーントン、ジェーン・モンハイトについで3位に輝く。2004年からジェームス・ムーディらとディズィ・ガレスピ・オールスター・ビグバンドとツアーを行う。2005年にデビュー・アルバム Easy to Loveを発表、いきなりグラミー賞にノミネイトされ、日本でもスイング・ジャーナル誌のジャズ・デイスク大賞に輝いた。2004年Blue Note出演、2006年富士通コンコード・ジャズ・フェステイバルで来日。2007年2作目のハンク・ジョーンズと組んだLush Lifeも大好評を得た。2009年のSo in Loveでは再びグラミー賞にノミネイトされる。最近はジミー・ヒースの作品集Connecting Spiritを発表している。エラ、サラ、カーメンの再来といわれる。

Jeb Patton  ジェブ・パトン(p)
1974年メリーランド州ケンズィントン生まれ。彼はローランド・ハナの最後の弟子でジミー・ヒースからも薫陶を受けた。ニューヨーク大学で修士号を取った後、ヒース・ブラザーズ及び、ジミー・ヒースズ・ジェネレイション・バンドと、アメリカ国内に加え世界各国のツアーを行う。1996年からチャールス・マクファーソン、デイズィ・ガレスピ・オールスターズ、ジェームズ・ムーディ、ジョージ・コウルマン等など数多くのバンドで活躍してきている。ロバータ・ガンバリーニとは、伴奏のジェイク・ハナのトリオの一員として来日している。彼はショパンのバラード等のリサイタルも開いたりしているオール・マイティのピアニストだ。

どうぞお早めのご予約をおまちしております。
よろしくお願いします。
クラブ・ファーラウト  電話045-261-5635
〒231-0042 横浜市中区福富町西通51-2 TSビル-2C
info@jazz-farout.jp   http://www.jazz-farout.jp/