自律神経失調で苦しむ方のための呼吸レッスン!

kid18

自律神経失調で苦しむんでいる方のための呼吸レッスン!

自律神経失調症への対策として、その決め手である「腹式呼吸習得レッスン」を、患者さんに限り特別にお安くやってさしあげます。自律神経失調症という診断書を持参するか、私がそう認めた場合にかぎり、50分個人レッスン月3回で1万円(税別)という安い料金にてやります。歌や発声のための音楽レッスンは一切除外します。厳密に自律神経失調症に対して限定のレッスンです。

腹式呼吸はただ一つしかなく、人間にとって唯一無二のものです。現代になって人間だけが腹式呼吸ができない者が多く出現してきただけで、哺乳類の大部分は毎日普通にやってきました。丹田呼吸やヨガやその他の武道や宗教で言う理想の呼吸もやはり腹式呼吸で、まったく同じものです。東洋でも西洋でも腹式呼吸は正確に理解されていませんし、腹式呼吸よりもっといい呼吸があるみたいな邪説があちこちで堂々とまかり通っています。まあそれが現実ですが、腹式呼吸以上の呼吸法はほかになにもありません。なぜなら、腹筋と横隔膜でやる呼吸が腹式呼吸で、ほかに呼吸用の筋肉はないゆえに腹式呼吸以外にないんです。インチキ呼吸道場や呼吸術の本は非常に多いですから、気をつけましょう。

cat30

腹式呼吸ができないことから健康を損なう人は、胸の中上部が、とくに真ん中の胸骨の部分が、大きく前に膨らみ内側に凹むことを繰り返します。これは横隔膜がほとんど動かないために起きてくる重度の胸式呼吸の症状です。胸骨は鎖骨とつなっがっているので、鎖骨が動く人もいます。鎖骨が上がり八の字を呈する人は、胸骨が(立った姿勢で見て)前後にではなく上下に動きます。非常にまれな例ですがそういう人がいます。横隔膜は内蔵の静脈血を絞り出すことや、心臓や血管や神経の健康を管理したり、そのほか重要な仕事を多くしていて、その不調は必ずなんらかの深刻な弊害をもたらします。

それらの延長上にあってもっとも代表的で手強いのが自律神経失調症です。自律神経失調は、気管支炎、喘息、また胃/十二指腸/食道の痙攣-潰瘍、胃液等の逆流、冷え性、便秘、重度の肩こり、痛風、リュウマチ、諸種の神経症、躁鬱病、不整脈、期外収縮、それから性障害(俗に言うホモ、レズ)など、たくさんの弊害をもたらし、医者へ行っても対症療法でいくらか症状を緩和させてくれるだけで(副腎ホルモンなどを射たれ、症状は軽くなりますが副作用が大きく、時には害のほうが大きいです)、原因を絶つ治療には至りません。そういう治療はわからないしできないからです。原因は横隔膜が動かないことですが、それには薬も注射もまったく無力です。

0052_royalty_free_rf_clipart_illustration_tns

まったく関係のないように見える腱鞘炎も胸式呼吸が原因しています。胸式呼吸はなにか力を入れたときに、その力をなかなか抜きにくいという特徴があり(肩こりがその一番の一般的な症状ですが)、その状態で手や腕を駆使するとアッという間に腱鞘炎なります。腱鞘炎は手を使うのをやめれば治りますが、使えばまたすぐに起きます。

といっても腹式呼吸の習得はそう簡単にはいきません。身体の柔軟、姿勢矯正、スポーツ、呼吸練習の4点を平行してやっていき、うまくいけば横隔膜が動き始め成功します。もしできたら多分これらの症状は間違いなく完治するでしょう。また完治しなくても、訓練をするだけでも大幅に改善しますから、この訓練、練習はけして無駄にはならず、レッスン代も損はしません。医学や声楽などがいまだになにもわからず、混迷が続いてる呼吸学は本当に難しいです。

診断書を持参するか、30分くらいの体験レッスンと診断で私がそう認めた場合にかぎり、50分レッスン月3回を1万円にて受けられます。そのほかに入学金4320円が初回のみ必要です。教室ファーラウトの他の音楽、語学レッスンより、特別にかなり安く設定しています。下記の電話またはEメイルにてお問い合わせください。

045-261-5635 school@jazz-farout.jp

講師 村尾陸男(ムラオリクオ)