5月29日(火)イタリーからギターの妖星アレスィオ・メンコーニが出演

皆さん
 
5月29日(火)にイタリーから、妖星アレスィオ・メンコーニがやってきます。目まぐるしいほどのテクニクと強い気概を感じさせる彼の演奏は、また一味違うものを経験させてくれます。最初はソロの予定でしたが、今回は日本人ミューズィシャン俵山昌之(b)と公手徹太郎(dr)の二人が賛助出演してくれます。
 
5月29日(火) 
アレスィオ・メンコーニAlessio Menconi(gt)
俵山昌之(b)
公手徹太郎(dr)
 


ギターの妖星/アレスィオ・メンコーニ・トリオ・コンサート

2018年5月29日(火) 1st 7-8pm 2nd 9-10pm
入れ替えなし、前売券購入または振込にて3000円、当日4000円
FAROUTファーラウト/045-261-5635

御予約は電話か、HP http://www.jazz-farout.jp/ 予約欄からメイルでください。


 アレスィオ・メンコーニAlessio Menconi(gt)はイタリーのジェノア生れで、10歳のときからギターを独習した。天才児と言われ、1986年にイタリーの生え抜きのプロたちと演奏を始め、’92年グランプリド・ジャズのベスト・ソロイスト賞をもらう。’93年にはイタリーで最重要コンクールのエディ・ラング祭コンテストに出て、ジャズ・ギタリストとして1等を勝ちとった。彼はヨーロッパ、アジア、アフリカ、南北中米で演奏してきていて、今までに50枚もCDを出している。

 彼はビリー・コバーンBilly Cobhamやラリー・コリエルLarry Coryell、 ジミー・コブJimmy Cobb、トニーニョ・オルタToninho Horta、アルバート・ヒースAlbert Tootie” Heath、ジャク・マクダフJack Mc Duff、レド・ホロゥウェイRed Holloway、カール・アンダーソンCarl Anderson、ゲイリー・バーツGary Bartzらと演奏してきている。ラ・スペツィアLa Spezia音楽院でギターを教えてきていて、2009年にはジャズ・ライトハウス・カリア賞をもらい、2013年には彼のCD〈Sketches of Miles〉が世界ジャズ・レコード・ベスト100のなかに入れられた。
 
 今回は初来日でもあり、彼からの提案で、料金が特別お安く設定されています。どうぞこの機会をお見逃しなくいらしてください。
クラブ&教室ファーラウト  電話045-261-5635
〒231-0042 横浜市中区福富町西通51-2 TSビル-2C