9月4日デンマークのデュオがやってきますA duo band from Denmark’ll be here on Sep. 4th.

しばらくコロナさわぎもあって外タレの出演もなかったんですが、久しぶりにデンマークからピアノとトロンボウンの二人組がやってきます。
We ‘ve been away from foreign stars with those Corona affairs, but after long time recess the great duo of a trombonist and a pianist from Denmark will be here

Photo Omar Ingerslev
Phone +45 25 92 00 92
www.ingerslevpartners.dk & mail: omaringerslev@gmail.com

今日6月1日夜11時頃、デンマークのピアニスト、ジェプ・ズィーバーグJeppe Zeebergとメイルでやり取りしていて、もともと5月20日に彼から最初のメイルが来て、8月後半から9月初めにかけて、彼らは管4人+リズム隊計7人かで韓国のジャズ祭などに出演してそのあと彼とトロンボウンのペター・ハングセル Petter Hängselの二人だけ残って日本のジャズクラブなどに出られたら出たい、と言ってきました。それでファーラウトにも出られたらとあれこれ日程のことを言い合ってましたが、なかなか折り合いがつかなかったんです。それが今日の深夜前のメイルで9月4日7〜11時くらいでピッタリ言い分が合ったんです。
On June 1st. 11pm I was communicating with the pianist of Denmark:Jeppe Zeeberg through emailing about the date when he and his colleague:trombonist Petter Hängsel will be Korean jazz Fes in the band of three rhythm and four brasses, around the end of Aug to the first week of Sep and they two want to come to Japan and play at somewhere like Farout. Jeppe gave me his first email on May 20th and we’ve been exchanging emails but couldn’t find any good date for both of us, but on this night just before midnight we could get incredibly united with the date of Sep 4th (Sun) 7-11.

どうぞ皆さんご期待ください。トロンボウンのペター・ハングセル Petter Hängselとピアニストのジェプ・ズィーバーグJeppe Zeebergの二人組みです。7〜11時で3000円です。ご覧の通り値下げしました。なにかワクワクしますね。近日中にジェプの写真を載せます。お楽しみに。切符は7月20日あたりから売り始めます。HPより予約は間もなく受付はじめます。みなさんどうぞお楽しみに。村尾陸男より
Well, well, well, you could expect much to this project. The duo of the trombonist Petter Hängsel and the pianist Jeppe Zeeberg at 7-11 Sunday night for 3000 yen. I’ll put up the photo of the two on this page in a few days. Rik Murao

9月演奏スケジュールを組んでください。

 出演者の皆さん、こんにちは

 ファーラウトの9月演奏スケジュールを組んでください。サーヴァーの不調からこのところメイルを送っても届かない事態になり、出演者の方々に毎月50件ほどの一斉送信メイルを送ってたんですが、それができず遅れてしまいました。ファーラウト村尾陸男

残り空き日は以下です。日にちの次の数字は空いている時間です。土日祝の場合は時間が書いてないところはそこは埋まったという意味です。月〜金は7-10時で、とくに時間は書いてません。土日祝は1-3:45、4-6:45、7-9:45の3区画で演奏を組みます。4,12日は外タレが来ますので、早めに埋まっています。よろしくお願いします。

9月

1

3-1,7

5

6

7

8

9

10  4,7

11-7

15

17

18 7

19-1,7

20,  22

23-1,4,7

24-1,7

25-4

26

28

30

クラブ&教室ファーラウト 電話045-261-5635 
〒231-0042 横浜市中区福富町西通51-2 TSビル-2C  info@jazz-farout.jp

2021年大晦日にグレッチの、バスドラ、バスタム、中タムの三点をセットに組み込み。

12/31日この日の昼に、グレッチのドラム、バスドラ、バスタム、中タムの三点をドラムセットに組み込みました。1時半になっても誰も現れず、どうなることやらとおもっていたら、やっと石上さんが現れ、こちらのお手伝いの清水くんとともに、セットの組み込みにとりかかりました。

 これら3点は製造番号から1960年代または70年代の品物と思われますが、正確な年月はわかりません。70年代までの品物なら一つ50〜90万円という一般価格を楽器屋に教えられましたが、その三点セットを現在のタマのセットに、1時半くらいから2時間ほどかけて組み込みました。なんと3点で200万円くらいいきそうですね。小さい金具類も、不足しているものがあるかもしれないので、これからもあれこれ困る時が来るでしょう。

演奏はだいたい皆さんの協力の上に成り立っています。ドラムセットはとくに部品が多いのと色々な人が使うので、部品が無くなりますしあれこれと変えられますね。難しいです。みなさんが使うのといたみも激しいので、使う人たち皆の協力が必要です。どうぞファーラウトのドラムセットをこれからも可愛がってあげてください。ジャム・セッションでグレッチのドラムを敲ける所は、日本中探しても多分一軒もないでしょうね。ファーラウトのドラムセットをよろしくお願いします。

6月4日夕方、平岩さんがわざわざグレッチのバスドラの外側の革を持ってきて張り替えてくれました。前のは真ん中がくり抜かれて穴になってましたが今度のは穴はなくぴったりでした。だんだんこのグレッチ・セットは見事なものなっていくように感じられます。凄いですね。ただ皮を張り替えると言っても、ネジに油をさしたり、あれこれ色んなことをして、見ていても大変なことはよくわかりました。ご苦労さま。このグレッチ・セットはどうなっていくんでしょう? 僕には全然わかりません。皆さん、敲いてみて感じたことを忘れずに僕に言ってくださいね。

発泡ワイン白とロゼ「べソ・オーガニク・ブリュット・ワインBeso De Rechenaベソ・デレチェーナ」が入荷

年末、クリスマス用特別に、スペインから発泡ワイン白とロゼ「ベソ・オーガニク・ブリュット・ワインBeso De Rechenaベソ・デレチェーナ」が入荷です。白とロゼ、どちらも750ml 3500円です。どうぞお楽しみください。

レイ・チャールスのCD、アメリカ版リアルブックの返却

レイ・チャールスのCDをファーラウトの店舗から貸してくれと言って持っていった方に、お告げします。大至急、CDを返してください。誰が持っていったは調べればわかりますが、こちらからはそれをしたくないので、一切なにもしません。

その方に告げます。あなたの方から自発的に出来るだけ早く返却してください。こちらはそれを切に望んでいます。こういう告知をHPに載せるのは不本意ですが、いつまでたっても返してくれないので、仕方がありません。

よろしくお願いします。ファーラウト代表 村尾陸男

先週アメリカで何十年も前に買ってきたリアルブックを2冊客に持っていかれました。B6版くらいであまり大きくない本で、演奏で使えるように、大きめの穴にワッカを通した綴じで、ペイジがめくれたりしないように演奏しているときに使いやすいようにできているアメリカ特有の本です。部厚く厚い方は500曲位入っていたと思います。とにかく何でもかんでも盗まれます。シュアのマイクは一体いくつ盗まれたでしょうか。わかりません。3本かもしかしたら4本は盗まれています。CDから本からマイクなど重要なものはなんでも盗まれます。残念ですね。客のためを思い、何でも揃えるんですが、片っ端から持っていかれます。本当に残念です。この次は何を書くんでしょうか? それを思うと怖いです。

 本、CD、マイク、楽器類、とにかく何でもかんでも盗まれます。それが今のわれわれ人間の現状です。こんなこと言っても無駄なんでしょうが、残念ながらこう言わざるを得ません。 村尾陸男