ジャズ詩大全電子版に新原稿と改訂新版

新原稿と改訂新版

Jazz-Lyrics.comのジャズ詩大全電子版には、順次新しい項目が追加されていますし、新原稿や改訂原稿がアップされています、どうぞ覗いてみてください。研究–バート・バカラック、ハロルド・アーレン、ジョニー・マーサー、ジュール・スタインなど新しい原稿がアップされています。日本ではほかにないほど、内容が重厚で正確ですから、参考にされる方には、代えがたいほどのものです。

ジャズ詩大全電子版に寄せて

《ジャズ詩大全》シリーズは1990年から出し始め、本巻20、別巻2、計22巻となり、ほぼ完結しました。索引集をあと一冊出す予定ですが、出版の困難な状況もあり、それで終わりとなりそうです。そこで2012年6月に横浜・関内のジャズクラブ・ファーラウトの下にジャズ・スクール「教室ファーラウト」が開校したのを機に、スクールの活動の一環として《ジャズ詩大全電子版》の販売を開始することにしました。あの大英百科事典Encyclopaedia Britanica が印刷版を廃止しCD版に切り替えたのはたしか2000年ごろでしたか、世は重くて分厚くて手間とお金のかかる出版物をなくして、CD版に切り替えるべく動いてきました。そしてさらに最近ではそのCD版もなくしてダウンロード販売に切り替えるところも増えてきています。朝日新聞、Wall Street Journal、科学雑誌Newtonなど、こぞってそういう方向に変化してきています。この《ジャズ詩大全電子版》は、利用者が自分の好みの曲の楽譜だけ選んで買うことができるだけでなく、本を買いに行く手間とお金はおろか、図書館に行ってコピーする交通費、コピー代、時間を考えたら、おそらくそれよりも安くつくほど、読者、愛好家にとって手軽で便利なサイトになるでしょう。
もちろんそれだけでなく電子版では、出版物と違って新しい内容のものの販売も簡単なら、掲載済みのものの更新も容易で、そういう良さを存分にいかさなければなりません。つまり出版物の《ジャズ詩大全》は終了しても、電子版はある意味でそれを存続発展させていくことができる特質をもっていると思います。そしてそれ以外にもまだ多くの可能性が残されていそうです。その可能性を模索し考え組み立てるのは大きな仕事ですが、それをやらなければこれを立ち上げる意味も半減してしまいます。インターネットのサイトがいい加減なジャズ・スタンダード曲の訳を載せている例は、枚挙にいとまがありません。最近では減るどころか増えてきているようにも思えます。《ジャズ詩大全電子版》は可能性の輪を拡げていくだけでなく、こういう迷妄に陥ることなく、心して全体を組み立てていこうと考えています。皆さんの積極的なご利用を願うとともに、ご意見、感想なども反映させながら、さらに充実したものに作っていきたいと私は考えています。どうぞ《ジャズ詩大全電子版》をよろしくお願いします。
ジャズ詩大全著者
ジャズクラブ・ファーラウト
並びに教室ファーラウト代表
村尾陸男

ファーラウトの地図です。

クラブ&教室ファーラウト

関内駅から伊勢佐木町通りを歩き、右手にあるブックオフのところで右折し、3ブロック(福富町東通、仲通、西通)行って左角の「ヤンさんの台所」という焼肉屋のところを左折し、左側3軒目(1軒目建物、2軒目駐車場、その次)で、歩いて10分くらいになります。桜木町駅からも10分くらい、京急日の出町駅からは5分くらいで、割りと便利な位置だと思います。また地下鉄の場合は、関内と伊勢佐木長者町、両駅からそれぞれ10分くらいです。
〒231-0042 横浜市中区福富町西通51-2  TSビル-2C 電話 045-261-5635
tsweb2
tsweb2_en

印刷用の地図は こちら です(PDF形式336KB)。

今後もクラブ&教室ファーラウトをお引き立ての程、よろしくお願いします。村尾陸男

ヴォーカル科/呼吸発声科/村尾陸男のレッスン

sg003

1—ヴォーカル科村尾陸男のレッスン

ジャズであれほかのジャンルであれ、ヴォーカルレッスンというものはとても難しいです。捉えどころがないのが一番難しい点です。どんなインチキ先生もまかり通る、いわばそんなジャンル、場所ですね。このあいだピアニストでもギターリストでもない英語もまったくわからないあるバンドマンの先生が、しかも歌も歌えないのに、ギター片手に歌を教えているという話を、生徒の一人から聞きました。いや、すごいです。

 

基礎的な技術以外は、なかなか教えるのが厄介ですね。歌はとくに感性が占める部分が大きいですから、そこらへんがとくに難しいです。

さて、歌うには、まず呼吸が腹式呼吸で、発声がある程度いいということが第一になります。腹式呼吸発声ができていない人の場合は、最初の時期にそれらの習得に時間をさきます。呼吸発声—1

クラシックの上級になると高度なスケイルを楽器みたいに見事に歌わなければなりませんが、それは専門的なテクノロジーの一つで、ここでは除外しましょう。でも最低限度基本的なスケイルやメロディ、ピッチ、リズムなど音楽的基礎の技術はやります。歌唱の基礎—2

ジャズを歌う場合は英語の勉強が不可欠です。歌詞の勉強は付随して僕がやっている「英詩解釈講座」で補っていきます。また教室ファーラウトでは、アメリカ人講師による英語レッスンも別途受けられます。最低限度の英語チェックは歌のレッスンのなかでもやっていきます。英語発音と解釈—3

sg128

ピアノを弾けることは歌の勉強の中でとても重要です。コードやメロディ、リズムを把握する上でこれ以上のものはありません。しかしピアノをピアニストのように弾くことは無理かもしれません。ですから自分の歌の練習の支えとなる程度にはピアノを弾けるようになりたいです。これはできればですが、ピアノをある程度弾けるようになるための手助けをします。ピアノ—4

歌をうたう練習だけをやりたい方はそういうレッスンにしますが、上の1-4をしっかりとやりたい方は、50-55分くらいのレッスンのうち40分くらいでこれらをやって、最後の10-15分で歌の練習をします。この曲をやりたいという希望があればそれをやります。教室ファーラウトの生徒になれば、歌の練習はまだほかにも「生徒の日」や「アンサンブル講座」から、月6回ほどのクラブファーラウトのジャム・セッションの日を利用してやることもできます。歌唱練習—5

村尾陸男のヴォーカルレッスンは以上1-5の内容でやっていきます。原則として50-55分レッスンを月3回(4回にすることも可能)、月謝などは教室ファーラウトの規定に準じます。体験レッスンは30分で無料です。どうぞ奮ってご応募ください。

歌は老いることはありません。歌が古ぼけて老いる、退屈なものになるとしたら、その歌う人が老いたから歌も老いたんでしょう。いい歌なら、そのなかに老いも成熟として表現されるはずです。では歌に若さはうまく表現できるでしょうか? これがなかなか表現されえません。たいていは未熟さとか幼稚さとしか表現されません。歌のなかに若さが見事に表現されたとしたら、それはその歌い手が本当に老いも成熟も未熟さ幼稚さ若さも感じることができる歌い手なんでしょう。歌は人間性のすべてを表現しているものだからです。ですから本当にいい歌が歌えるとしたら、その人の魅力がすべて開花したことを意味しますね。まさにそれは喜びです。

教室ファーラウト    村尾陸男

sg230

2–呼吸発声レッスン

いい発声を目ざすには腹式呼吸が必須です。腹式呼吸は本来は生得的にからだに存しているものなので、そのまま育った場合は呼吸をとくに勉強する必要はないです。しかし生れてから数ヶ月で、環境(とくに母親、父親など)の影響で、できない人はできなくなり始めます。腹式呼吸ができなくなっていく過程は、おもに生後3、4ヶ月の喉頭が下降し始める時期から十代後半までの期間で進んでいきますが、その進み方も人によってまちまちでみな違います。

あっという間に小学校低学年くらいで最悪の胸式呼吸になってしまう(小児喘息などにかかる)人、成人にかけてゆっくりとなっていく人、いろいろです。また20代過ぎてから胸式呼吸になっていく場合も、ないとは言えないです。それから一生のあいだ腹式呼吸と胸式呼吸を行ったり来たりする人もいます。胸式呼吸になる多くの人が、気がつくと胸式呼吸で生活しているわけですが、大抵の人はそれに気づきもしません。

喘息や潰瘍、結核などは、胸式呼吸と密接な関係をもっていて、はっきり言ってその害は恐ろしいです。逆流性食道炎や胃下垂も胸式呼吸と横隔膜が動かないことが原因していると考えられますし、リュウマチや痛風などの神経病も同じ事が原因していると思います。ふつう躁鬱病と呼ばれる自律神経失調も、やはり横隔膜が動かないことからくる典型的な病気です。横隔膜は呼吸のほかに内蔵と神経の管理という重大な仕事をしていますから、そういう病気にかかりやすくなってきます。

日本人にはどういうわけか腹式呼吸ができなくなる人が多く、国民の7、8割くらいに達すると思われます。欧米では反対に8割くらいの人が腹式呼吸で生活しています。これは言語や思考や生活全体の価値観など文化全体が作っている問題です。ですからこれは日本人にとって大変大きな問題ですが、日本ではほとんど誰もそのことに関心をもっていません。困ったことですね。

進化の歴史のなかで、厳密な意味で腹式呼吸ができるようになったのは、横隔膜ができてきた哺乳類からですが、人間が立ち上がって二足歩行を始めたときから、負担が軽くなった上半身のとくに胸の周囲の筋肉が呼吸に口を出し始め、他の哺乳類にはない胸式呼吸の可能性を背負いこんだと言えます。

だいたいがこういった腹式呼吸に関する資料はなく、またそういう事情から、日本では一般に腹式呼吸への理解が非常に乏しく、巷には腹式呼吸ができない先生が呼吸や発声を教えている場合も少なくありません。また国民の7、8割くらいができないということは、医者も、政治家も、教育者もやはり7、8割くらいができず、結局、呼吸への理解や勉強もまたその理論も一切が成立しません。

レッスンの最初のうちは腹式呼吸の理解に重きを置いて進めていき、そこからからだの柔軟や、動かし方などの必要なことを勉強して、徐々に本格的な練習、訓練に入っていきます。発声練習もしますが、主に腹式呼吸修得のためのもので声楽のための発声ではありません。腹式呼吸ができれば発声のための条件の90から95%はもうできたことになり、それ以外にあまり余分なことはいりません。レッスンの大部分は腹式呼吸習得にかけ、できてきたら発声訓練に焦点を移していき、最終的にはスケイルなど音楽的な練習をします。

しかし胸式呼吸の人が訓練によって腹式呼吸への移行に成功する確率は非常に低いです。そして年齢とともに、成功率はさらに下がっていきます。腹式呼吸は、発声に重要なだけでなくからだの健康の最大の源です。自律神経失調の95%以上は腹式呼吸ができないことからきています。従って精神的な健康にも大きく影響します。ただし仮に最終的に腹式呼吸に移行しなくても、この訓練は胸式呼吸の人の健康に大きく寄与しますから、その意味では胸式呼吸の人に絶対必要な訓練と言っていいでしょう。

4月現在で、僕の腹式呼吸レッスンを受けている生徒は3名で、ヴォーカルの生徒は4名です。ヴォーカルの生徒で腹式呼吸ができない人には、それがあまりひどいと説明し注意しますが、腹式呼吸訓練をすぐにやれとは僕は言いません。だいたい本人がそう希望するまで待ちます。それは、腹式呼吸訓練にはかなりしっかりした自覚が必要で、無理やり進めてもいい結果につながりません。呼吸訓練は非常に大切ですが、教わる方の努力が教える方のそれよりもはるかに多く要求される、そんなレッスンです。無料体験レッスンは30分で、入学後のレッスン代は教室ファーラウトの通常の規定に準じます。

20938784.thm
3—腹式呼吸理論講座

たいていの呼吸解説書などや、最近では西洋のインターネットサイトでも、丹田呼吸やヨガなどの東洋の宗教で良しとされる呼吸は「腹式呼吸とは違う」と論じられています。しかしそれは間違いで、腹式呼吸はただ一つしかなく、人間にとって唯一無二のものです。それぞれの流派や思潮などを強調したいばかりに、ほかのものとは違うと言いたいのでしょうが、こういう主張が撒き散らす弊害は大きいです。

地球上の生物の進化の結果として哺乳類が出現し、そのときから呼吸に特化した筋肉の横隔膜が授けられました。四つ足歩走行する哺乳類はほぼ百%腹式呼吸です。これは特殊な奇形を除いて哺乳類のすべてが毎日普通にやっている呼吸ですが、人間が進化して二足歩行するようになり、そのときから腹式呼吸ができないものが出てきたと考えられます。それも現代になって腹式呼吸ができない人間は急速に増えてきていると思います。

丹田呼吸やヨガで言う理想の呼吸もやはり腹式呼吸で、まったく同じものです。東洋でも西洋でも腹式呼吸は正確に理解されていませんし、「これこれの呼吸は腹式呼吸とは違う」などと邪説が堂々とまかり通っているのが現実です。また横隔膜呼吸、丹田呼吸ほか呼び名も多くありますが、すべて同じで、腹筋と横隔膜による腹式呼吸で、ほかにありません。

これは全6回シリーズで腹式呼吸の理論について解説する講座です。レッスンではなく完全に理論を勉強する講座です。1-腹式呼吸の理論、2-腹式呼吸の訓練と実践、3-非腹式呼吸の(実際に活躍しているまたはしていた有名な)歌手の歌について調べ、歌唱の面から見た腹式呼吸と非腹式呼吸の違いについて考えます。4は非腹式呼吸の(同じく実際に活躍しているまたはしていた)管楽器吹奏家について見ていき、CDやDVDなどから非腹式呼吸の吹奏への影響について見ます。5は腹式呼吸と非腹式呼吸の文化的問題、人間と呼吸との関わりについて考察します。6ではやはり人間と呼吸との関わりについてですが、進化の面から見た呼吸を鳥瞰し、全6回で終了となります。

腹式呼吸を習得したいと思う生徒だけでなく、歌唱で発声を教えたりヨガや整体などで呼吸を教えたりしている人たちに、積極的に参加受講してもらいたい講座です。体験レッスンはありません。講座は不定期で、申し込みが3人以上になったときに開講し、教室ファーラウト生徒は講座券+1000円で、そうでない一般の方は一回3000円で参加できます。時間はあいだに5分ほどの休憩を入れて計120分です。どうぞ奮ってご応募ください。

村尾陸男のレッスン、講座などのお知らせ!

1—ピアノ弾き語り科

ピアノ弾き語りは、基本的には楽譜を見ながらはできません。コード進行、メロディ、歌詞の意味など、ほとんどよく憶えて咀嚼してからでないとできません。よく楯か壁のように大きな楽譜を前に立てて弾いている、あるいは弾き語っている人を見ますが、もちろんそれでは恥ずかしいような結果しか得られません。ピアノだけでも弾くのが大変な楽器なのにさらに歌うとなると、これは大変をはるかに通り越していますね。

 

ナット・キング・コウルがまだピアノから離れずに歌っていた時代は、今で言う「ライヴ」ではなく常に「ショウ」としての良さを求められていたので、彼は客やテレビカメラに向かって笑顔を作り、指は滅多に見られませんでした。もちろん楽譜を見るなんてことはあり得ません。

 

かつて日本のテレビでアナウンサーに”ジャズ・ミュージシャンとは何ですか?”とくだらない質問をされて、トランペットのクラーク・テリーは真顔でこう答えていました。

—本当のジャズ・ミュージシャンとは、楽器がプレイできて、歌えて、スキャットできる人を言います。

彼やディズィ・ガレスピやジェイムズ・ムーディは、楽器、歌、スキャットがどれもできる万能型でした。僕もいつしか、歌が歌えるが固まってしまって進歩しない人を見ると、”もっとうまくなりたいと思うなら、そこから先はピアノを弾くしかないだろうね”なんて言うようになりました。

ピアノは大変ですが、歌をうまくするにこれ以上のものはないです。サラ・ヴォーンは最初のうちはピアニストでしたね。カーメン・マクレエも日本で弾き語りを披露していました。アニタ・オデイは日本に来たときに、 [You’d Be So Nice to Come Home to] の25小節目のトニック・ディミニッシュのところでディミニッシュ・コードの分解フレイズをやって、ははあ、彼女は相当ピアノでコードを研究してフレイズを作っているなと思わせました。メル・トーメも一時はピアノをやったりドラムを敲いていたりしましたね。こんな話しはいくらでも出てきます。

 

ボビー・ショート、マット・デニス、ボビー・トループは、いずれもピアノを弾きましたが、弾き語りとしては声が出ないとかピアノがいまいちとかの欠点を持っていました。ウィリー・ザライオン・スミスはピアニストで歌は下手でしたが、それでも臆せずときどき歌を挟み、それも下手などとは思わせないなにか素晴らしい魅力を持った人でした。ちょうど昔のエノケンと似ていますね。エノケンも一見歌が下手でしたが、じつはなかなかうまかったです。

 

ロウズ・マーフィは、もう普通の尺度では計れないなにか天才的なものを持っていて、聴き手を自分の世界に引っ張りこんでしまう不思議な人でしたね。モダンなジャズとは遠い人でしたが、にもかかわらず魅力一杯の実力に支えられた人でした。ナット・キング・コウルもニーナ・スィモンも最初はピアニストでした。コウルは客に、スィモンは店長に、歌えと言われて仕方なく歌ったのが、歌い始めたきっかけだったんですから驚きです。音大で声楽を何年もやっても駄目な人は駄目ですが、できる人は楽器に関係なく歌がうまいですね。

 

さてでは、この難しいジャンルを教えるとして、どうしたらいいでしょうか? ピアノがある程度弾けるということが、生徒として受け入れる条件でしょうね。しかしその逆で歌がある程度できている場合も、必要条件として考えてもいいです。そのどちらもできていないという場合は、ピアノだけまたは歌だけでまずはレッスンを受けた方がいいですが、30分の無料体験レッスンをしてあげますから、まずは少し弾き語ってみて、その結果でどういうレッスンをすればいいか考えてみましょう。

 

弾き語り科無料体験レッスン—30分

入学後のレッスン代は通常の規定に準じます。

 

2—英文飜訳講座

英文飜訳について勉強します。易しいものはそう問題はないですから、学校教育の英語でも足りるでしょう。難しい英文の訳は、たんに英語解釈の問題にすまされず、訳文そのもの、つまり日本文を正確に理解し組み立てられなければなりません。日本語よりも英語の方が合理的でより哲学的思考があてはめられますから、あるところまでは逐語訳でもなんとかなるものの、あるところからあとは日本文を非常に精巧に長く論理的に組み立てる必要が生じてきます。これが一番難しいです。つまり慣れてくると英文理解は案外容易で、日本文組み立てができないという、変な現象が出てくるわけです。

 

これは日本語の根幹に潜んでいる非論理性、不合理性による問題と言えるでしょう。難しい文ほど組み立てや論理性に苦労させられ、文は元の英文よりはるかに長くなります。しかもたいていは元の英文より理解しにくくなります。従って訳文はだいたいにおいて元の英文の1.5倍から、2倍になります。英文で500頁の本は日本文でだいたい1000頁近くなり、これは期せずして日本語そのものに存する非論理性、不合理性を証明しています。つらいことですが、これは歴然としていて、文化の質を決定づけていると考えられます。

 

通訳というのは英語を聴き取る能力が必須ですが、意味さえつかめればそれほど訳文は完璧でなくてもいいわけで、その意味では楽な仕事です。映画の字幕などは、字数の制限が厳しいですし、誰でも使っている日常の言葉でなくてはいけないですから、そこには独特の難しさがあります。この二つは似ているようで質がまったく違いますし、さらにこの二つとも違うのが飜訳です。学術書でいい加減な訳がつけられている例は多いです。アメリカのある学者が書いた水に関するベストセラーが日本で飜訳出版されたとき、出版社からそれをもらいましたが、訳文が恐ろしくひどく、意味がわからなくなり、途中で読むのをやめたことがありました。そしてそのベストセラーはまったく売れずに終わりました。意味の正確さとその構文、これは飜訳の命です。

 

この英文飜訳講座では、量よりも質に重きを置き、飜訳の難しさ、易しさ、楽しさなどを皆さんに伝えられたらと思っています。体験レッスンはありません。講座は不定期で、申し込みが二人以上になったときに開講し、教室ファーラウト生徒は講座券で、そうでない一般の方は一回2000円で参加できます。題材はそのときによって変わり、また受講者の希望にも添ってやっていきます。時間は100分で、あいだに5分休憩をはさみ、計105分です。