1/9と1/15にニューヨークから出演

皆さん
来年正月早々、ニューヨークから来る二組のミューズィシャンについて、お知らせします。

 

1月9日はドラマーの森智大(もりともひろ)のグループです。彼は今年2018年の1/6にもファーラウトに来てくれて演奏しました。そのときはニューヨークで活躍しているメンバーでやったんですが、今回は日本の3人のメンバーを集めてやってくれます。以下は彼の経歴です。

 

森智大、ニューヨークを拠点に活動するドラマー・作曲家。1992年福岡県出身。音楽好きの両親の影響で、3歳よりドラム、5歳よりピアノを始める。13歳よりジャズバンドを結成し、クラブや音楽フェスティバルに出演。17歳でボストン・バークリー音楽大学のオーディションに合格し、奨学金を獲得する。2011年渡米。バークリー音楽大学ではRalph Peterson. Jr., Terri Lyne Carrington, Dave Santoro, Hal Crook, George Garzone氏、ニューヨークではKenny Washington, Rodney Green氏に師事。

 

2015年バークリー音楽大学を卒業。同年冬に最初のCD”Grand Slam”を、2017年冬には二枚目”Uptown Bound” を出し、ニューヨークのミュージシャンと共に全国10公演を行う。これまでBonafide, Rockwood Music Hall, Minton’sなどニューヨークのジャズクラブに自己のバンドで出演。2018年4月にはアメリカ最高峰の日本美術展示でも知られるワシントンDC・フリア・サクラー美術館主催の行事に自己のバンドで出演。演奏だけではなく、大学ジャズ研でのワークショップ、小中学校での授業、スカイプレッスンなど教育活動にも力を入れている。

 

共演してくれるのは以下の3人です。

 

田中愛子はクラシックピアノを篠原ますみ氏・田村宏氏・村上明美氏に師事。ソルフェージュ・和声学を松本日之春氏に師事。洗足学園卒業後にジャズに関心を持ち始め、最近は自己のトリオで活躍中。




及川陽菜は埼玉県出身、中学校の吹奏楽部にてサックスを始め、高校入学と同時にジャズに転向。尚美学園大学音楽表現学科ジャズコースに全額特待生として合格。小曽根真氏の JFC all star big bandのメンバーとして2017年、2018年2年連続東京ジャズに連続出場の20歳の才女。




中林薫平は高校入学と同時に甲南高校ブラスアンサンブル部に入部し、ウッドベースを始める。2003年守口・門真ジャズコンテストでは、グランプリ、ベストプレイヤー賞を受賞。卒業後、日野皓正、吉田次郎、嶋本高之らと共演。2005年に活動の拠点を東京に移し、山口真文、佐山雅弘、鈴木勲、堀秀彰、市原ひかり、古谷淳、清水絵理子、関根彰良らのバンド等を経て2008年に自己のバンドを結成。




1月9日 7-8、9-10pm、
3000円入れ替えなし
今年中の前売り券購入か振込にて2500円

 

森智大(dr)
及川陽菜(as)
田中愛子(p)
中林薫平(b)

 

—————————————————

 

さてもう一つは、1月15日(火)にヴァイオリンの大村朋子とピアノのグレン・ザレスキGlenn Zaleskiのデュオの演奏が楽しめます。

 

1月15日 7-8、9-10pm、
当日5000円
前売りまたは振込にて4000円
入れ替えなし

 

Tomoko Omura(vl)
Glenn Zaleski(p)

 

大村朋子(おおむらともこ)Tomoko Omura(vl)は静岡生まれ。NY在住ジャズバイオリニスト、作曲家。横浜国立大卒業後、バークリー音楽院にて即興演奏をHal Crook, George Garzone, Ed Tomassi, Matt Glaser, Rob Thomas, Christian Howes等に師事。 在学中に同校から即興演奏部門のRoy Haynes Awardを受賞。2008年10月に自分で制作したCD”Visions”を出した。その中の自作曲 Mark’s Passion がInternational Songwriting CompetitionにてHonorable Mentionを受賞。また2009年に米雑誌Strings MagazineにてRising Starとして紹介された。
 2010年よりブルクリン、NYに拠点を移し、自身のもふくめて様々な音楽グループに在籍し、演奏活動を精力的に行っている。2015年1月 にGreg Osbyのレーベル:Inner Circle Musicより2枚目Rootsを出し、日本ではDaiki Musicaより輸入版として発売中。2017年7月には3枚目Post Bop Gypsiesを同じくInner Circle Musicより発売。ビバップ以降のジャズをテーマに、ヴァイオリン、ギター、ベースのトリオ編成。