新着情報

村尾陸男

2018年の夏は暑く感じますね。台風は来ると言って来ないような、来てるらしいけどなにか横を通り過ぎているような、そんな感じです。よくわかりません。8/8日のジャム・セッションでは、こういう悪天候のときほど、空いてて順番が回ってくるので来なきゃダメと日頃言っていたら、黒岩さんが青山から早めに来てくれてビックリ。エライ! 僕らも頑張らねば!

 

2017年の新年、あけましておめでとうございます。

これは村尾陸男から皆さんへの年賀状です。このあいだある年配の人が年賀状を出すのを昨年で終了させてもらったと言っていたのを聴いて、僕は本当のところ驚きました。そんなことができるのかと。僕は知りませんでした。なら僕も終わりにしたいです。もう精神的には僕はとっくに終わっていて、年賀状に関しては僕のすることは最低で悲惨です。字が下手で自分でも読めない字を書きますし、よく字を間違えますし、アベとかサイトウとかワタナベとかはたくさんの字があって、僕はいつも出すときは滅茶苦茶です。自分で言うのもひどいですが、何度も人の名前の字を間違えています。

僕はもう人に失礼なことをしないように、年賀状は終わりにしなくてはならないですね。それに年賀状では2、3行しか書けないですが、メイルならこういうふうにたくさんのことが書けます。字が判読不能なんてこともないです。終わっていると言えば、僕はそのほかいろいろなことが終わっています。TVを処分し、ラジオはなく、新聞も取らなくなって久しいです。みんなが知っている当たり前のことを僕は知らなかったりします。アメリカの大統領選のことなど、しばらくしてから知りましたけど、どっちみち僕にはどうでもいいです。僕には世間のことは関係なく、もう人生が終わりかそれに近いと思っているのかと言われると、いやそんなんではないです。全然そうではないです。

僕は今からしたいこと、しようと思っていることがいっぱいあります。本はあと10冊くらいは出すでしょう(売れる売れないに関係なく)。頭のなかはそんなことで詰まっていまして、人と話していて相槌を打ったりしていても、本当はなにも聴いてなく、そんなことを考えたりしていて、時どき大きなヘマをやります。困ったもんです。そういう症状はドンドン進行していて、留まる気配は見えないです。自分のことや自分の関心のあることしか考えない、人やほかのことはどうでもいい、徹底的にイカれていて、そういう自分を恥ずかしいとか間違っているとか思ったこともないです。人のことはどうでもいい、わからない、わかろうともしない、という一種の高度(?)の認知症ですし、しかもドンドン進行していて、自分でさらにそれを進行させているところもあります。手に負えないですね。

というわけでこれは年賀状代わりのメイルです。今年は、よくある年賀状セリフですけど、張り切ってたくさんのことをやっていこうと思います。あれもこれも。なにをやるかは、まあ見ててもらうしかないです。なんにもできずに終わる可能性もありますけど、まあ頭のなかはあれこれ回転していて、結果がどう出るかはなんとも言えません。不発で終わることもあるでしょうけど、まあ僕の頭のなかはフル回転でビシビシやっていくと、そんなふうに思っています。では、今年は僕は気合を入れて頑張りますよ、と言ってこの念頭挨拶メイルを終えることにします。今年もよろしくお願いします。リク 2017/1/1

1942年北京生れ。東京、高松、東京と移り住んだが、母親が代々の江戸っ子だったのと10歳から30歳まで新宿区市谷に住んだので、かなりの部分で東京人。慶応大学工学部応用化学科に進んだが、全然やる気なく中退して音楽の道に入る。20歳でバンドの仕事を始め、河辺公市とスウィングジャイアンツや菅野邦彦4に入り、ギターで二年ほど仕事をしてから、ピアノに転向した。24歳で渡米し一年弱研鑽し、帰国後は主にソロや自分のトリオで赤坂、高輪のプリンスホテル、銀座、六本木のクラブなどで仕事をした。30代から本格的に英語の勉強をし始め、呼吸発声の研究をしながら、音楽書の著訳書を多く手がけた。ジャズ詩大全22巻、《ティ・フォー・トゥー物語》、《ピアノ・フィンガー・ウェイト・トレイニング》、W・C・ハンディ著《ブルース・アンソロジー》など。横浜のジャズスクールで呼吸発声を教え、劇団四季の英詩訳などを担当し、現在演奏活動と平行して、横浜-関内にてジャズクラブ・ファーラウトと教室ファーラウトを経営している。